休憩部

ちょっと常滑 ~うみこタン 「やきもの散歩道」を歩く~

2021.7.2

こんにちは 休憩部 部長 うみこタンです。
今日は、2021.6.26.に訪れた常滑についてお話したいと思います。

常滑は、ヨルシカさんの「夜行」のMVにも登場している場所です。
ヨルシカさんの「夜行」は、『ヨルシカ-夜行(OFFICIAL VIDEO)』からご覧ください。

常滑市を中心として焼かれている「常滑焼」は2017年に日本六古窯(他に瀬戸焼・信楽焼・丹波立杭焼・備前焼・越前焼)として日本遺産に認定されました。

常滑市陶磁器会館の駐車場に車を停めて(土日有料)、「やきもの散歩道マップ」をもらい、いざ出発♪
歩き始めると……そこだけが昭和の町のまま……。道幅も狭く、車が通れるところはほとんどありません。建物も雰囲気があり、時がゆっくり流れているように感じられました。

歩いて行くと『土管坂』が見えてきました。
テレビとか雑誌で常滑というと必ずと言っていいほど紹介されている場所です。
この左側は明治期の土管、右側は昭和初期の焼酎瓶だそうです。
すごい量。圧巻!

さらに歩いていくと『登窯広場展示工房館』に着きました。
中には昔実際使われていた『両面焚倒焔式角窯』が展示されています。
窯の中に入りましたが、かなり広い!そしてここで焼いていたと思うと感慨深かったです。
ちなみに展示工房館では絵付け体験ができるそうです。私は絵が下手なのでやりませんでした笑


展示工房館を出てすぐのところに『登窯』がありました。
この登窯は1887年に作られ1974年まで使われており、現存している中では日本最大級だそうです。
窯は全部で8段。おっきい!

やきもの散歩道には、ところどころに古い建物の中に陶器のお店があり、それも風情があって素敵でした…!!
帰り道、やきもの散歩道から外れると、一気に現代に戻ってきた感じがしました。

さて、休憩時間もそろそろおしまい。
仕事に戻りますね。

うみこタンブログ★★★★★(気づいたら5回目のブログ。いつも読んでくれてありがとうございます♪♪)

  • face
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE