ユニバーサルトラベルビューロー株式会社

その他ツアーパンフレット
多数取りそろえております。
お気軽にお問合せください。

Webでのお問い合わせは

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせお申し込みは

電話052-910-0050 FAX052-910-0066

営業時間
  月~金 9:30~18:00
  土日祝休

◎本社
〒462-0825
名古屋市北区大曽根三丁目15番58号
大曽根フロントビル8階


◎営業部
・東日本営業部
・広島支店
・福岡支店

法人のお客様

旅行が楽しくなるリンク集

沖縄美ら海水族館リクルートFCオーナー募集北海道・沖縄やろまい会
Home > 北海道ツアー一覧 > 北海道の観光情報 > 函館・渡海・檜山・奥尻エリア

地域の特徴

洋館建築が立ち並ぶ異国情緒漂う元町や、港町らしい町並みが魅力的なベイエリア等、都会的な一面を見せる一方、花見の名所である五稜郭公園や大沼国定公園といった、自然風景の美しさも楽しめる、魅力満点の地域です。

  • この地方の気候情報を見る
  • この地方のおみやげ情報を見る

主な観光施設

五稜郭公園

函館戦争の舞台、幕末ロマン溢れる洋式城郭

クリックしてこの施設の詳細情報を表示する

国の特別史跡に指定されている公園で、日本初の洋式城郭です。北方防備の目的で造られ、星形五角形の形は防御の際の死角を考えた結果の形状です。明治維新最後の国内戦、箱館戦争の舞台となったことでも有名。4月下旬から園内のソメイヨシノが一勢に咲き誇り、市民でにぎわいを見せる花見の名所でもあります。

隣接する五稜郭タワーの展望台からは函館山や津軽海峡、横津連峰の山並、そして五稜郭公園の景観を一望することが出来ます。

所在地GoogleMapで確認する北海道函館市五稜郭町44
アクセス

「五稜郭公園前」電停下車 徒歩15分

営業時間

※五稜郭タワー
8:00-19:00(4月21日~10月20日)
9:00-18:00(10月21日~4月20日)
9:00-19:00(五稜星の夢期間中(冬季))

料金

※五稜郭タワー展望料金
大人:840円
中・高校生:630円
小学生:420円

電話番号0138-21-3456
サイトURL公式サイトへhttp://www.goryokaku-tower.co.jp/

五稜郭公園へ行くなら

金森赤レンガ倉庫群

ベイエリア最大のショッピングモールでココロとオナカが喜ぶ時間を♪

クリックしてこの施設の詳細情報を表示する

函館の発展に貢献した金森商船が明治時代末期に建てた営業倉庫群です。

一部の建物は未だ現役の倉庫として使われていますが、それ以外はベイエリア最大のショッピングモールとして、クラフトや雑貨など多彩なショップが並んでいます。

また、金森倉庫の歴史や昔倉庫で実際に使われていた道具を展示する函館ヒストリープラザや函館文化の更なる発展を願い建てられた多目的ホール「金森ホール」があり、ショッピング以外にも様々な楽しみ方があります。

所在地GoogleMapで確認する北海道函館市豊川町11番5号
アクセス

函館空港から:車で25分
JR函館駅から:車で5分
          徒歩で15分
電停十字街から:徒歩で5分

営業時間

9:30〜19:00(季節により変動あり)
※ベイサイドレストラン みなとの森
 平日/11:30〜9:30・土日祝/11:00〜
※函館ビヤホール
 平日/11:30〜22:00・土日祝/11:00〜
*年末年始(12月31日・1月1日)は休業

料金
電話番号0138-23-0350
サイトURL公式サイトへhttp://www.hakodate-kanemori.com/

金森赤レンガ倉庫群へ行くなら

函館山

展望台から見下ろす100万ドルの夜景

クリックしてこの施設の詳細情報を表示する

百年前に活動していた、標高334mの古い火山です。

明治時代から第二次世界大戦時には要塞地帯でありましたが、昭和28年に山麓からのロープウェイで結ばれた函館山展望台が開設され、香港・ナポリと並ぶ世界三大夜景を楽しむことが出来ます。

また、四季折々の函館山の自然を感じながらのハイキングや、山頂と山麓にあるスーベニアショップでのお買い物など、様々に楽しんで頂けます。

所在地GoogleMapで確認する北海道函館市元町19-7
アクセス

電停十字街から徒歩10分
山頂駅までは山麓駅からロープウェイで3分

営業時間

※ロープウェイ営業時間
●4月25日~10月15日●
始発:10:00
上り最終:21:50
下り最終:22:00
●10月16日~4月24日●
始発:10:00
上り最終:20:50
下り最終:21:00

料金

ロープウェイ搭乗料金
大人:片道640円/往復1,160円
小人:片道320円/往復590円

電話番号0138-23-3105
サイトURL公式サイトへhttp://www.334.co.jp/jpn/

函館山へ行くなら

函館朝市

北海道ならではの旬の魚介三昧

クリックしてこの施設の詳細情報を表示する

昭和20年に、近隣町村の農家が野菜や果物を持ち込み、函館駅前で立ち売りを始めたのがルーツ。以降、カニやサケをはじめとした海産物や農園からの直売品など、北海道ならではの鮮度の高い食品が販売され、今では函館の名物とも言えます。
新鮮な海産物は朝に入荷するというのはもちろん、昼過ぎには品切れとなることもあるので、できるだけ早い時間に訪れるのがベスト!
鮮度抜群の海鮮丼などが味わえる食堂や、旬の魚介類を販売する売店など、約280もの店が軒を連ねているので、色々な店をのぞいてみよう。

所在地GoogleMapで確認する北海道函館市若松町9番19号
アクセス

JR函館駅から徒歩1分

営業時間

5:00~昼過ぎ(一部店舗は15:00頃まで営業/1月~4月6:00~)

料金
電話番号0120-858-313
サイトURL公式サイトへhttp://www.hakodate-asaichi.com

函館朝市へ行くなら

関連ツアー

  • 富田アイキャッチ 2018年6月 2泊3日69,900円~ 詳細はこちら
  • 利尻富士 2018年5月 3泊4日99,800円~ 詳細はこちら
  • 利尻富士アイ 2018年5月 3泊4日99,800円~ 詳細はこちら

この他にもお得な北海道ツアー満載!北海道ツアーの一覧を見る

twitter アカウント@UTB_withyouをフォローして、お得なプランをチェック!
twitter U-travel UTB_withyou