パスポート(旅券)申請のご案内


~パスポート(旅券)の期限は切れていませんか?~

長い自粛生活が続いておりますが、ワクチン接種も進み、少しずつ以前の日常を取り戻していくことになるでしょう。

しばらく行けなかった海外旅行にお出かけされたい方も多いのではないでしょうか。
パスポート(旅券)は、海外旅行をするときに、日本や渡航先での出入国審査で提示する必要がありますので、海外旅行へ行かれる際には必ず取得していただくことになります。
尚、入国の条件に、一定以上のパスポートの残存有効期間を設けている国や地域があります。 多くは、入国日から3~6ヵ月程度の期間が必要となります。
現在は新型コロナウィルスの影響で海外に出かける人が少なく、旅券センター窓口は比較的空いているようです。
パスポートをお持ちでない方はもちろん、残存有効期間が1年未満の方も、今のうちに切替申請されることをおすすめします。今一度ご自身のパスポートの有効期間満了日をご確認下さい。
★旅券申請について詳しくは、【外務省|パスポート(旅券)】をご確認下さい。

 

◎最近(1年以内に)変更になった事項
旅券(パスポート)の旧姓併記について(令和2年12月25日)
戸籍謄本、旧姓が記載された住民票の写し又はマイナンバーカードのいずれかで旧姓を確認できれば、旧姓の併記が認められるようになりました。詳しくは【外務省|旅券(パスポート)の旧姓併記について】をご確認ください。旅券への別名併記の記載方法変更は【旅券への別名併記の記載方法変更 (PDF)】をご覧ください。

②パスポート申請用写真の規格(令和3年5月18日)

パスポート申請用写真規格が改定されました。詳しくは下記をご確認下さい。以前より厳しくなっておりますのでご注意下さい。

◎主な変更点

顔の寸法について
顔の寸法は「両耳から写真の左右の空間が2mm以上空いていること」となりました。両耳のスペースが空くよう、顔の長さを下限ギリギリにするなどの調整が必要となります。
◆輪郭が露出していること
フェースラインを完全に出し、大きなイヤリング等で輪郭を遮ることがないよう、注意が必要です。
目に関する条件
目に髪の毛がかかることはもちろん、写真に写った時につけまつげや眼鏡のフレームも目にかからないよう注意して下さい。また、カラーコンタクトだけではなく輪郭強調(ディファイン)もNGです。また意図的にフラッシュやライトの形状が写り込んだものもNGとなっております。
◆人物と背景の境界について
今までも「人物と背景の境界が不明瞭なもの」という条件はありましたが今回より具体的に「頭、髪、服装等と背景の境界が不明瞭なもの」と改定されました。白髪の方は申請用写真の背景色を白で撮影すると写真NGとなるケースも想定されますのでご注意下さい。
美白処理等の画像修整について
今までも美白処理を含む画像加工・画像処理はNGでしたが、しわなどの修整もNGとなりました。今では街中の証明写真BOXでも簡単に美白処理や美肌処理が出来るようになっておりますが、パスポート申請用写真についてはNGとなっておりますのでご注意下さい。詳しくは【外務省|パスポート申請用写真の規格(令和3年5月18日更新)】をご覧ください。旅券用提出写真についてのお知らせは【旅券用提出写真についてのお知らせ(PDF)】をご確認ください。


税関電子ゲートのご案内
(令和3年4月1日)
 7つの空港(新千歳空港・成田国際空港・羽田空港・中部国際空港・関西国際空港・福岡空港・那覇空港)で税関検査場電子申告ゲートを利用できるようになりました。お帰りの際、紙の税関申告書を記入する必要がありません

 

①まずはスマートフォンで専用アプリをダウンロードします。
税関申告アプリを開き、必要事項を入力してください。必要事項を登録していくとQRが作成されます。

      App Store                                             Google Play

    

②作成したQRとパスポートを用意し、空港の税関検査場に行きます。
電子申告端末ではパスポートとスマホを専用端末にかざすだけ!お預け手荷物をお待ちの間に申告できます。

③手荷物を受け取ったら電子ゲートへ向かいます。
電子ゲートでは顔認証でスムーズに通過できます!キャリーケースなどのお荷物と一緒に通過できます。
詳しくは【税関|7つの空港で税関検査場電子申告ゲートを利用できます。(令和3年4月1日更新)】をご覧ください。

  • face
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE